【噛み合わせ治療ならこの先生にお願いするね!だって専門だから】

小島登美○様の噛み合わせの解説

ホーム>小島登美○様の噛み合わせ

小島登美○様の噛み合わせ

小島登美○様の噛み合わせ

普段右下を下にしてなおかつ枕を顎の位置まで下げて寝ているので下顎が左に上がり左で歯ぎしりをしてるため左下の差し歯が壊れている。話をきくとどうやら目覚ましを眠りにつくまで寝返りを打つたびに右や左に移動するとのこと。朝目覚めると最後は右にあるので右を下にして寝ていると本人が自覚している。

かみあわせと寝る姿勢正しさを話をした後の寝方は左を下にして寝れないので最初は抱き枕を左において重石代わりに右に寝返らないようにしているとのこと。その際枕は顎の位置においてあえて下顎を右に押し上げて右で歯ぎしりをするように誘導しているらしい。右に寝るときは今度は枕を顎の位置に当てないようにしているため右で歯ぎしりをするようにこちらも工夫しているとのこと。なんだか大変そうだ。上を向いてだけは寝れないらしい。

歯周病が進むと歯が動きやすくなります。そうなると噛み合わせが狂う原因の1つになるので歯周病の治療薬をご参照ください。

これは1つの手がかりで、高い金属や高い差し歯がある場合は噛み合わせのバランスを崩したり、悪い姿勢での生活や、浸みたり痛い歯をさけるための食事などのバランスの悪い状態、頸椎の異常などさまざまな方面から情報を集め、関連づけ原因の特定をする必要があります。

ブラン品川大井町歯科
http://www.dental-clinic.com/bando/

コメント


認証コード3763

コメントは管理者の承認後に表示されます。


スポンサード リンク

ホーム>小島登美○様の噛み合わせ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional